fc2ブログ

土曜日、たのちい~お友達んち訪問のことを記録しとこ、、
と思ってたんだけど、、
の前に、通院の記録残しときたし、。
肺の胸膜炎の薬が切れたので、月曜日の午前に動物病院へ~。

レントゲンをとってもらったら、写ってはならぬ白い線が消えてたんだけど、
ちょこっとまだ白いモヤが、写ってたので、2週間分の薬をもらいました。
体重は、すくすく育ち6.2kgに♪
そして、なんやかんやあったので、3回目のワクチンがまだだった芹ちゃん。
先生が「元気だし、もう今日打っても大丈夫でしょう」とのこと。
8種混合は、2回目のワクチンで震えが出たこと等、不安を伝えたんだけど、
「もう、大きくなってるから大丈夫」
「住んでる地域的に病原菌があるから8種でないと・・・」と先生がおっさるし、
いぃんかなぁと思いつつ、8種を打ってもらいました。
会計して、おうちに帰ってもいつもと変わらぬ芹ちゃん(ホッ)
しかーし、だんだん元気がなくなり、全身ブルブル震え出して、、、
芹ちゃんもしんどいのか、あちこちちゃんと寝れるとこ求めてうろうろ。
安静にしないとと、すいとんさんベッドに安静に寝かせることに。
寝ながらも、震えが出ているのが確認されるから、電話したら、
「嘔吐したり、顔が腫れたり(ムーンフェイス)しなければ、様子見てください」と。
お昼ごはんあげてないから、吐くもんないし、、顔も腫れてないし、、
大丈夫かなぁと、ずっと安静にさせてましたっ。
震えがなくなり、よっしゃ~と思ってたんだけど、なんか熱いし、ぐったり(>_<)
で、お肛門さまから、体温計で熱を計ると、だんだんと上昇し、
診察前38.2度だったのが、16時すぎには、40.2度に!!
で、また電話したら、「連れてきてください」でした。
しかし、夜は、お花の教室があって、どーーしても時間がないっ、、
着いたら、順番とばして、ささっと奥に連れていかれ、点滴の処置をしてもらったみたい。
教室が終わって、電話したら、時間外だし(まだ診察してたみたいだけどな)
引き取りに行けても、先生のお話聞けないし、
「大事をとって、1泊入院で、様子見ます」と言われちゃったので、
お任せすることに、、、。
芹ちゃん、病院は慣れてるから、きっと大丈夫とは思うんだけど・・・・。
(午前の診察では、先生が来るまで、診察台で寝そべってたし)
ワクチンショック(アレルギー)、ネットで調べたら、
結構あるんやなぁ~です(~_~;)
も8種じゃなく、やっぱり6種でお願いするべきだったなぁ・・・と。
体質的に、受付けれないかもだし、、
毎年、ワクチンの度に、こんなかわいそな思いさせるのもな、、、
節ちゃんは、ワクチンしても、全然へっちゃらで平気体質だったのに。

明日っちうか今日は、いつものお転婆芹ちゃんをお迎えできますよーに!!

ワクチンこわいな
デリケートなの



*追記*
いつものよに、開院1時間前に行って、順番1番ゲッツ(^^)
すっかり、元気になった芹ちゃんが、奥から出てきまひた(^O^)
点滴してもらったら元気になったそぉで、
いつものフードあずけてたのも、ちゃんと食べたそう(^^)
ワクチンによる副反応だけど、芹ちゃんはまだ軽い方で(えっ、これで?)
ひどいコは、顔が腫れて、目が充血し、耳の中が真っ赤になるそう。
「ワクチンで、亡くなったりしたコいましたか?」
て聞いたら、5年前に1ワンだけだそう。この病院は患犬数かなり多い方。
で、来年からは、午前中に、ワクチンとアレルギー反応おさえる注射を一緒に打ち、
そのまま、病院に預けて、夕方また、迎えにいくようにしましょかと・・・。
8種打たないと、草むらや公園やら遊びに行けないし、
もしも、感染した場合、人畜共通の病気になるから、隔離生活で会えなくなるとも、、
で、その病気は、軽減されても、完治することはないややこしい病気です、と言われ。。
優しいけど、かなり目力ある主治医の先生に言われると、「そ、そかな」と思わされ~。

とりあえず、無事に元気になって帰ってきたので、ホッ。
家に着いたら、ちゃんとトイレで、チッチとうんをし、
今、紙きれを噛み噛みして遊んでます(^O^)

ワクチンって、いわゆる毒を体にいれて抵抗力をつけるっちうもんだから、
健康で副反応なしなわんちゃんも、打ってもろたら、その日は、安静にしませう~(^^)d

スポンサーサイト